« 9月1週 | トップページ | 2006年4月12日から9月1日までのユーロドルと2006年1月12日から4月15日までのドル円を比較 »

2006年9月 3日 (日)

2006年8月

為替チャート

  • 8月はドル円は円高になりやすいと言われていたが、今年は円安となった。
  • クロス円が軒並み高値を更新する展開となった。
  • FOMCで今まで連続的に利上げされてきた政策金利が据え置かれたことで、1つの転機となる。
  • ポンドが、予想外の利上げやテロ阻止で乱高下したのが印象に残った。
  • 今年の3分の2が終了、ドル円はまだ10円ほどしか動いていない。
  • 今月のユーロドルは、300ポイントも動かなかった。
  • 来月は、9/11、FOMC、G7など。

|

« 9月1週 | トップページ | 2006年4月12日から9月1日までのユーロドルと2006年1月12日から4月15日までのドル円を比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15075/3307098

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年8月:

» スイスフラン [初心者への提言、外国為替FXの基礎知識]
スイスフランは金価格が上昇するときも買われる傾向がある。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 17時56分

« 9月1週 | トップページ | 2006年4月12日から9月1日までのユーロドルと2006年1月12日から4月15日までのドル円を比較 »